納得価格で買取される毛皮の扱い方

毛皮製品は、価格も高く管理を怠ると品質が落ちやすい非常にデリケートな製品です。日常の扱いを正しく丁寧に行い、手放す際に納得のいく価格で買取してもらえるようにすることが大事です。毛皮にはたくさんの種類があり扱い方も多岐にわたりますが、ここでは共通する扱い方についてご説明します。 まず第一に、害虫の種類を問わず予防するために着用後は汚れを完全に落として保管することが大事です。また、ホコリの付着は毛抜けの原因にもなるのでしっかり落とすようにしましょう。水気のあるジュースなどをこぼした場合はすぐに乾いたティッシュで吸い取りますが、飲み物の種類によっては糖分が残る場合があります。固く絞ったタオルでふき取り、深刻な場合は買取にも影響するので業者に依頼して下さい。また毛皮は大変熱に弱く燃えやすい製品なので、まずタバコの火などを落とさないのはもちろん、裏地をアイロンで収縮してしまわないように、ハンガーにかけて気長にしわを伸ばして下さい。毛癖は霧吹きで湿らせてから金グシでといて、陰干しで乾かして治しましょう。 愛着のある毛皮を種類を問わず適正な価格で買取してもらうために、普段から丁寧な管理を心がけましょう。